新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「むかし僕が死んだ家」東野圭吾 レビュー




東野圭吾 「むかし僕が死んだ家


内容(「BOOK」データベースより)
「あたしには幼い頃の思い出が全然ないの」。7年前に別れた恋人・沙也加の記憶を取り戻すため、私は彼女と「幻の家」を訪れた。それは、めったに人が来ることのない山の中にひっそりと立つ異国調の白い小さな家だった。そこで二人を待ちうける恐るべき真実とは…。超絶人気作家が放つ最新文庫長編ミステリ。





レビュー


東野圭吾作品の中で1番最初に読んだ小説。
記憶を無くした元彼女と過去を探しに彼女の家に向かうというストーリー。

徐々に謎が解けていく感じ。
登場人物が少なく、起伏もほとんどないのに展開は飽きさせない。

結末にも驚かされて、
他の作品も読みたくなりました。


自分の評価
★★★★☆


にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。