新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「黒い家」貴志祐介 レビュー




貴志 祐介 「黒い家」


内容(「BOOK」データベースより)
若槻慎二は、生命保険会社の京都支社で保険金の支払い査定に忙殺されていた。ある日、顧客の家に呼び出され、期せずして子供の首吊り死体の第一発見者になってしまう。ほどなく死亡保険金が請求されるが、顧客の不審な態度から他殺を確信していた若槻は、独自調査に乗り出す。信じられない悪夢が待ち受けていることも知らずに…。恐怖の連続、桁外れのサスペンス。読者を未だ曾てない戦慄の境地へと導く衝撃のノンストップ長編。第4回日本ホラー小説大賞大賞受賞作。



レビュー

今まで読んだ本の中で一番怖かったかもしれません。
ホラー映画を見てるみたいに読んでいる目をそらしてる
自分がいました。

そっち行ったら危ないって!!
ホラーのお決まりがマジで怖い。

読んでる途中、トイレに行くのも風呂に入るのも嫌でした。

よーく考えるとありえないだろって思うんだけど、
読んでるときは気づかなかった。

いやー、怖いです



自分の評価
★★★★★


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。