新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「死神の精度」伊坂幸太郎 レビュー



伊坂 幸太郎   「死神の精度」


内容(「BOOK」データベースより)
CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断をくだし、翌八日目に死は実行される。クールでどこか奇妙な死神・千葉が出会う六つの人生。



レビュー

死神と呼ばれるイメージとは離れているが、
愛らしく、楽しいファンタジー。

短編なので、非常に読みやすく
読み終わった後、ほっこりした気持ちになる。

あいかわらず、文章が洒落ていてかっこいい。

金城武主演で、映画化もされました
(見てませんが)


設定としては面白いけど、
短編だからか、身近じゃないからか
どうも感情移入できないまま読み終わってしまった。


面白かったけど、ちょっと印象薄いかな。

自分の評価
★★★☆☆



にほんブログ村 本ブログへ




スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。