新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「秘密」東野圭吾 レビュー




東野圭吾 「秘密」


内容(「BOOK」データベースより)
妻・直子と小学5年生の娘・藻奈美を乗せたバスが崖から転落。妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。その日から杉田家の切なく奇妙な“秘密”の生活が始まった。映画「秘密」の原作であり、98年度のベストミステリーとして話題をさらった長篇、ついに文庫化。




レビュー

友達に薦められて、最初に読んだ本。
自分読んだ東野圭吾の中でも1、2を争う傑作です。


娘の体に乗り移ってしまった母。
それに戸惑う夫。
広末涼子主演で映画化もされてます(見てませんが)

最初の設定を受け入れることが出来れば、
ストーリーに入り込めます。
複雑な心境をうまく表現しています。

それにしても
最後の「秘密」には驚かされるし、
泣かされる。

いやー、傑作です。

自分の評価
★★★★★


にほんブログ村 本ブログへ




スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。