新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「図書館戦争」 有川浩 レビュー



「図書館戦争」 有川浩 


内容(「BOOK」データベースより)
2019年(正化31年)。公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。高校時代に出会った、図書隊員を名乗る“王子様”の姿を追い求め、行き過ぎた検閲から本を守るための組織・図書隊に入隊した、一人の女の子がいた。名は笠原郁。不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが…!?番外編も収録した本と恋の極上エンタテインメント、スタート


レビュー

会社の同僚から切ない恋愛小説というような
先入観を持って読み始めました。
メディア良化委員会の厳しい検閲から
図書館を守る図書館隊のシリーズ作です。

まず最初に設定になれるまでに結構時間がいります。
本を守るために軍隊がいて、
使ってはいけない言葉が入った本を検閲するために
軍事攻撃までしてくるっていう設定。

それはもちろんファンタジーなわけですから、
リアルじゃないわけですから、
受け入れて然るべしなのですが、
その設定に対する説明がちょっと長すぎる感じです。

4部シリーズの1作目ということで、
その辺の説明はもちろんいると思いますが、
単純な恋愛小説だと思って読むと多少面くらいます。

厳しい教官である堂上、
本を守ってくれた王子様を追いかけて入隊した
運動神経抜群で口が悪い笠原郁
そして周りを囲むキャラクター。

会話や掛け合いは魅力的で
キャラクターや設定に慣れれば
次作が期待が出来る内容ではありました。

一作目だけでは、ちょっと足りないというところから
自分の評価
★★★☆☆

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。