新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「卒業」 重松清 レビュー



「卒業」 重松清 


内容(「BOOK」データベースより)
「わたしの父親ってどんなひとだったんですか」ある日突然、十四年前に自ら命を絶った親友の娘が僕を訪ねてきた。中学生の彼女もまた、生と死を巡る深刻な悩みを抱えていた。僕は彼女を死から引き離そうと、亡き親友との青春時代の思い出を語り始めたのだが―。悲しみを乗り越え、新たな旅立ちを迎えるために、それぞれの「卒業」を経験する家族を描いた四編。著者の新たなる原点。


レビュー

四作からなる短編小説。
色んな意味での卒業を描いている。

「まゆみのマーチ」は
母親の死に目に立ち会う息子と娘。
昔を回想しながら、母の死を待つ二人。
こんな母は嫌だな、だけどこんな母はいいなと
思わさせてくれる。

「あおげば尊し」は
父親の死を目前にした息子。
二人とも教師で、死に対する教育を描く。
父親の貫いてきた信念と
息子の父親への想いが苦しい。

「卒業」は
自殺した父親の娘が、
父親の親友に会って、父親のことを知ろうとする。
娘と父親の親友の複雑な心境を描いている。

「追伸」は
息子と義理の母親の話。
作家になった息子が、エッセイの中で
母親についての嘘をついてしまう。


どの話もも30代から40代の男目線。
両親や親友といった人間との
複雑な心理や感情をリアルに描いている。

そして、どの話も途中ものすごく胸が苦しくなる。
酷いことを言ったり、したり。
でも、そうしてしまう気持ちが酷く理解出来たりする。
感情がリアルに表現されてるんだな。


自分の中では「追伸」と「まゆみのマーチ」が秀逸。

最後はある意味での卒業が描かれ、
少しほっとする。
涙がでる。
そんな小説です。


自分の評価
★★★★☆
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。