新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「魍魎の匣」 京極夏彦 レビュー



「魍魎の匣」 京極夏彦 


内容(「BOOK」データベースより)
匣の中には綺麗な娘がぴったり入ってゐた。箱を祀る奇妙な霊能者。箱詰めにされた少女達の四肢。そして巨大な箱型の建物―箱を巡る虚妄が美少女転落事件とバラバラ殺人を結ぶ。探偵・榎木津、文士・関口、刑事・木場らがみな事件に関わり京極堂の元へ。果たして憑物は落とせるのか!?日本推理作家協会賞に輝いた超絶ミステリ、妖怪シリーズ第2弾。


レビュー

まず、本の分厚さに多少怖じ気づきました。
文庫にして、1000ページ超。
しかも、複雑怪奇な京極堂シリーズ。
読み始めから1カ月かかってしまいました。

前半戦は、なかなか京極堂がでてきません。
ある二人の少女と木場刑事。
この当たりは、謎が多いまま進むので
ちょっと読むのに疲れます。

そして中盤に京極堂登場。
ここで、霊能者、超能力者等の解釈。
非常に理屈っぽいのですが、
ここら辺は京極シリーズの真骨頂。
理攻めでくるので、そうかぁと洗脳されていきます。

そして、匣、箱、匣ととにかく匣が出てくる。
連続バラバラ殺人や霊能者、謎の箱型の建物。
とにかく繋がらない様々な物。

それを京極堂が聴いている情報だけで、
全ての謎を解いてしまう。

終盤戦は、怒涛の面白さ。
全ての謎が解決していきます。
前半にかかっていた時間が嘘のように
先が読みたくて仕方がなくなります。

最後は1夜で500ページを読破。
どんでん返しの連続です。
よくこんなことが思いつくというか、
他の作家にはまず真似の出来ない小説です。
大傑作!!

自分の評価
★★★★★



スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。