新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「八日目の蝉」 角田光代 レビュー 



「八日目の蝉」 角田光代


内容(「BOOK」データベースより)
逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか…。東京から名古屋へ、女たちにかくまわれながら、小豆島へ。偽りの母子の先が見えない逃亡生活、そしてその後のふたりに光はきざすのか。心ゆさぶるラストまで息もつがせぬ傑作長編。第二回中央公論文芸賞受賞作。


レビュー

井上真央、永作博美主演で映画化された
ベストセラー小説。

不倫相手の乳児を連れ去る希和子。
自分に向かって、笑いかけられたのを見て、
とっさに。。

逃げていく中で、母性が芽生えていく様。
それと罪悪感。
これを非常にうまく描いています。

一日でも長く一緒に薫と一緒にいたい。
それだけの気持ちで、これほど人は
強くいられるのだろうか。


そして、成長した薫の現実。
ここからがドキュメンタリーの様。
誘拐された娘として、本当の親からも
周りからも特別な目で見られる。

不倫した父親。
ヒステリックになる母親。
加熱するマスコミ。

薫自身は誘拐した希和子を恨むしかなくなるが、
過去の事実を知っていくうちに。。。

本当の母親とは?
フェリー乗り場での、
「まだ、その子は朝食たべていないの」
という、そこに母親たる何かがある。

また、感情が一杯になった時に
あとから、カレーの匂いに気付いたというような
描写がやたらリアル感を与えている。
ラストも、切なさのなかに爽やかさがある。
一番予想しやすいラストを避けてくれて、
ほっとした。

そんな中、とても気に食わないのが、
主だったメンバーがみんなだらしないこと。

不倫する父、逃げている父。
それを受け入れていた希和子。
ヒステリックな母、
薫と不倫する男。
それを受け入れる薫

みんな弱過ぎ。
馬鹿じゃねーのって思える場面も多い。
自分ではありえないというような所が
感情移入しきれなかった一因になりました。

自分の評価
★★★★☆

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。