新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「悪人」 吉田修一 レビュー


「悪人」上巻 吉田修一





「悪人」下巻 吉田修一


内容(「BOOK」データベースより)
保険外交員の女が殺害された。捜査線上に浮かぶ男。彼と出会ったもう一人の女。加害者と被害者、それぞれの家族たち。群像劇は、逃亡劇から純愛劇へ。なぜ、事件は起きたのか?なぜ、二人は逃げ続けるのか?そして、悪人とはいったい誰なのか。


レビュー

妻夫木聡、深津絵里主演で映画化された話題作です。
映画のCMは地味そうでしたが、
吉田修一前作「パレード」がとても面白かったので
期待に胸が膨らみます。


殺される保険外交員の女。
その父親。
その友達。
容疑者の男。
殺人を犯した土木作業員。
その母親
出会い系サイトで出会う双子の女。
etc

色んな人間の視点で物語は進みます。
これは、「パレード」と同じように、
自分と他者との見方の違い、ズレが非常にリアルで
面白い手法だと思います。

殺される保険外交員は出会い系サイトで知り合った男と
お金の関係で繋がっていた。
見栄っ張りで友達には彼氏がいると言い、
他の友達には出会い系サイトでの出来事を自慢する。
感じ悪い女だなと思うところもある。

でも、娘の死を悲しむ父親の視点を読まされると
感じ悪いと思ってしまった自分に軽い罪悪感を持つ。

また、殺人を犯す土木作業員の視点に立つと、、
一緒に逃亡する双子の女の視点に立つと、、

それぞれの視点に感情移入してしまうと
悪人とは誰なのか。
それが分からなくなってくる。

更に福岡や長崎といった地域の
描写や方言をリアルに入れることで、
風景や会話がスッと心に入ってきます。

パレード」に続く傑作です。

自分の評価
★★★★★
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。