新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「夜明けの街で」 東野圭吾 レビュー



「夜明けの街で」 東野圭吾


内容(「BOOK」データベースより)
不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた。ところが僕はその台詞を自分に対して発しなければならなくなる―。建設会社に勤める渡部は、派遣社員の仲西秋葉と不倫の恋に墜ちた。2人の仲は急速に深まり、渡部は彼女が抱える複雑な事情を知ることになる。15年前、父親の愛人が殺される事件が起こり、秋葉はその容疑者とされているのだ。彼女は真犯人なのか?渡部の心は揺れ動く。まもなく事件は時効を迎えようとしていた…。


レビュー

不倫のお話です。
妻子がある自分にとっては、他人事とは思えないほど、
ある意味感情移入されられました。
(不倫をしているわけではありません!)

出会いの場面や不倫に落ちていく過程、
意外とこういうものかもしれません。

結婚をすると失うものがたくさんある。
夫は男でなくなり、妻は女でなくなる。
うーん、極論的なところもありますが、
確かに否定が出来ない部分でもあります。
異性を意識していないと。

そういう意味では不倫というのは
若さを保つ意味ではいいのかも・・

なんて

主人公の気持ちはよく分かる。

でも、次第に不倫相手にのめり込み過ぎて、
逆に不倫相手が積極的になってきてしまうあたり。
一歩引いて、不倫と割り切ってくれてればいいが、
「これからはあなたを私のものとして考える」
・・・僕が主人公なら、冷や汗&鳥肌もんです。
怖い!

その後のネタばれは書きませんが、
妻子ある男性は疑似体験にいいかもしれません。

ミステリーとして読む小説ではないと思いますが
東野圭吾らしい最後のトリックもあり、
いいアクセントになっています。

自分の評価
★★★★☆



スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。