新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「殺人鬼」 綾辻行人 レビュー



「殺人鬼」 綾辻行人

内容(「BOOK」データベースより)
夏期合宿のため双葉山を訪れた親睦団体「TCメンバーズ」の一行。人里離れた山中での楽しいサマーキャンプは、突如出現した殺人鬼によって、阿鼻叫喚の地獄と化した。次々と殺されてゆく仲間たち…手足が切断され、眼球が抉りだされ、生首は宙を舞う。血塗れの殺戮はいつまで続くのか。殺人鬼の正体は。驚愕の大トリックが仕掛けられた、史上初の新本格スプラッタ・ホラー


レビュー

はっきり言って、ストーリーなんてあったもんじゃありません。
ただただ、強烈に人が殺されていく、
その描写のグロさや、残虐性は
一般の人にはきっと向かないと思います。
完全にスプラッターです。
僕は全然平気でしたが・・

それよりも内容が気に食わない。
トリックも何もあったもんじゃない。
何それ?っていう結末です。

以前読んだ十角館の殺人のような
恐怖感もありませんし、
トリックもありません。

結局、非現実的なものでしかないオチだと
(もともとリアリティーは求めていませんが)
がっかりしてしまいます。

読み返せば、伏線に気付くかもしれませんが
もう一度読もうとはきっと思わないでしょう。

自分の評価
★★☆☆☆

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。