新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「蹴りたい背中」 綿矢りさ レビュー


「蹴りたい背中」 綿矢りさ


内容(「BOOK」データベースより)
“この、もの哀しく丸まった、無防備な背中を蹴りたい”長谷川初実は、陸上部の高校1年生。ある日、オリチャンというモデルの熱狂的ファンであるにな川から、彼の部屋に招待されるが…クラスの余り者同士の奇妙な関係を描き、文学史上の事件となった127万部のベストセラー。史上最年少19歳での芥川賞受賞作。

レビュー

芥川賞っていうから読んで見ました。
まぁ、なんつーか。。
なんていうか、、
世界に引き込まれることはなかったです。

結局芥川賞というのは、新人の登竜門ではなく、
若い女性が作者だという
話題性重視の賞だったのでしょうか。

等身大の女子高生を描いたという感じですが、
拙い文章力と狭い世界観が
どうしても読む気をそいでいきます。

まぁ、あっという間に読みましたが、
先の展開が気になるという感じや、
結末のあっけなさにがっかりしただけでした。

自分の評価
★☆☆☆☆
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。