新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「絶望ノート」 歌野昌午 レビュー



「絶望ノート」歌野昌午


内容(「BOOK」データベースより)
いじめに遭っている中学2年の太刀川照音は、その苦しみ、両親への不満を「絶望ノート」と名づけた日記帳に書き連ねていた。そんな彼はある日、校庭で人間の頭部大の石を見つけて持ち帰り、それを自分にとっての“神”だと信じた。神の名はオイネプギプト。エスカレートするいじめに耐えきれず、彼は自らの血をもって祈りを捧げ、いじめグループ中心人物の殺人を神に依頼した。「オイネプギプト様、是永雄一郎を殺してください」―はたして是永はあっけなく死んだ。しかし、いじめはなお収まらない。照音は次々に名前を日記帳に書きつけ神に祈り、そして級友は死んでいった。不審に思った警察は両親と照音本人を取り調べるが、さらに殺人は続く―。


レビュー

思わず図書館で題名借りしてしまった作品です。
タイトルがかっこいいですね。
「絶望ノート」
タイトル通りのダークな出だしです。

ジョン・レノンを崇拝する父親 トヨヒコ
経済的に困り、お金のことばかりの母親 ヨーコ
陰鬱ないじめにあっていることをノートに記す息子 照音(ショーン)

ストーリーは照音の書く日記
「絶望ノート」に綴られた言葉で描かれる。
とにかく絶望ノートに記される陰惨ないじめの描写には
すごく嫌な気持ちになる。
まぁ、毎日毎日とにかくいじめられる。

そして、物語は照音が拾ってきた石を
「オイネプギプト」と呼び、イジメの相手への
恨みを込めて、祈るのである。

すると、イジメていた人間に次々と不幸が・・・

日記を読んでしまった母親や
イジメを疑いもしない担任教師、
親身になってくれる副担任など、
多くの人を交えて、伏線の張られたストーリーは
意外な方向へと向かう。

とにかく、陰惨なイジメの描写には
嫌な気持ちになるし、なんてひどい奴が多いんだと思わされる。
終盤にかけて、さまざまな仕掛けが紐を解き、
まんまと読み手は驚かされる。

しかし、小説をよく読む人間だと分かるかな。
僕は読み始めから、もしかして、、、
と思ってしまっていたので
結末はある程度想定内であった。

うまく騙された人は非常に面白いと思います。

自分の評価
★★★☆☆


スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。