新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「球体の蛇」 道尾秀介 レビュー



「球体の蛇」 道尾秀介


内容(「BOOK」データベースより)
1992年秋。17歳だった私・友彦は両親の離婚により、隣の橋塚家に居候していた。主人の乙太郎さんと娘のナオ。奥さんと姉娘サヨは7年前、キャンプ場の火事が原因で亡くなっていた。どこか冷たくて強いサヨに私は小さい頃から憧れていた。そして、彼女が死んだ本当の理由も、誰にも言えずに胸に仕舞い込んだままでいる。乙太郎さんの手伝いとして白蟻駆除に行った屋敷で、私は死んだサヨによく似た女性に出会う。彼女に強く惹かれた私は、夜ごとその屋敷の床下に潜り込み、老主人と彼女の情事を盗み聞きするようになるのだが…。呑み込んだ嘘は、一生吐き出すことは出来ない―。青春のきらめきと痛み、そして人生の光と陰をも浮き彫りにした、極上の物語。



レビュー

なんでしょうか、この罪悪感。
読み終わった後に、誰かに謝りたくなるような感じ。

隣人の乙太郎の家に居候する主人公。
乙太郎の娘ナオと数年前に亡くなったサヨ。

サヨの死の真相が、ストーリーに絡んでくる
道尾秀介得意なパターンですね。

罪悪感はサヨに似た女性を見つけた主人公が、
床下でその営みを盗み聞くことだけで終わらず。
考えただけで、気まずいような展開が待っていたりする。

いろんな嘘とともに、
ちょっとほっこりさせてくれたりして、
救いがあるので、なんだか許せてしまいます。

ただ結局、設定が地味なので、
なんとなく味が薄いのですが、
道尾好きは一度読む価値はあると思います


自分の評価

★★★☆☆


スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。