新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「被告A」 折原一 レビュー



「被告A」 折原一


内容(「BOOK」データベースより)
東京杉並区で起きた連続誘拐殺人事件は、死体に残されるトランプの絵柄から“ジョーカー連続殺人事件”と呼ばれた。田宮亮太は、自供により被告として法廷に引き出されるものの、一転して無罪を主張し、逆転の秘策を練る。一方では新たな誘拐事件が発生し、息子を取り戻すために、一人の母親が孤軍奮闘をしていた。姿を見せない真犯人はどこに?そして、事件の真相は?驚くべき結末が待つ新趣向の誘拐&法廷ミステリ


レビュー


いつものように叙述してます。
いろんな視点と時間軸を使うので、
把握するのが難しいですが、そのへんは他の作品に比べ
比較的読みやすい構成になっていると思います。

序盤に拘置所に入れられている描写が
違和感を感じていましたが、
クライマックスには驚愕しました。

そんなんアリ!?

それは読めませんね。
きっと賛否は非常に分かれると思います。

個人的にはアリかナシかで言えばナシ。
けどまあ、そんな小説があってもいいかなとは
思います。

それと表紙がものすごく気持ち悪いですね。
夜中に表紙を見るだけで怖いです。


自分の評価

★★★☆☆

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。