新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「儚い羊たちの祝宴」 米澤穂信 レビュー



「儚い羊たちの祝宴」 米澤穂信

内容(「BOOK」データベースより)
ミステリの醍醐味と言えば、終盤のどんでん返し。中でも、「最後の一撃」と呼ばれる、ラストで鮮やかに真相を引っ繰り返す技は、短編の華であり至芸でもある。本書は、更にその上をいく、「ラスト一行の衝撃」に徹底的にこだわった連作集。古今東西、短編集は数あれど、収録作すべてがラスト一行で落ちるミステリは本書だけ。


レビュー

短編集です。
ラスト一行の衝撃にこだわったと言ってますが、
どうでしょうか。。

テーマは召使いといった感じです。
大きな家に住み込みで働くことになった召使い達。

そんな設定が、どうしてもそそられません。

5話の短編とも、偉い人がいて、
召使いがいる。

ここはどこの国でしょうか。
いつの時代でしょうか。

なんだかタイトルが良さげであっても、
面白いとは限りません。



自分の評価

★★☆☆☆

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。