新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「流星の絆」 東野圭吾 レビュー



「流星の絆」 東野圭吾


内容(「BOOK」データベースより)
惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。「兄貴、妹は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」14年後―彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった。


レビュー

テレビドラマはほとんど見なかったのですが、
話題になっていたので読みたかった本です。

内容は知りませんでしたが、
二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香、要潤が出ていたのは知ってました。
要潤だけは読み終わった後、違和感がありましたね。

傘の伏線、それぞれのキャラクター描写はうまいのですが、
なんか色んなトコロが強引過ぎて、
感情移入しにくいですね。

ラストに至っても、強引さが先に立ってしまいます。
期待し過ぎると、大体こういう感じになってしまいますね。


自分の評価
★★★☆☆

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。