新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あるキング」 伊坂幸太郎 レビュー



「あるキング」 伊坂幸太郎


内容(「BOOK」データベースより)
弱小地方球団・仙醍キングスの熱烈なファンである両親のもとに生まれた山田王求。“王が求め、王に求められる”ようにと名づけられた一人の少年は、仙醍キングスに入団してチームを優勝に導く運命を背負い、野球選手になるべく育てられる。期待以上に王求の才能が飛び抜けていると知った両親は、さらに異常ともいえる情熱を彼にそそぐ。すべては「王」になるために―。人気作家の新たなるファンタジーワールド。


レビュー


伊坂幸太郎の作品はどれも好きなのですが、
この作品はちょっと・・・でした

仙醍キングスの名監督の死亡した日に生まれた王求
仙醍キングスに入るべく、練習をする王求。
伝記のようなスタイルで描かれていく。

途中からファンタジーが急に混じってきて、
強引かつ極端な展開に。
野球が好きな人、やっていた人は
嫌悪感を抱くかもしれません。

また、王求の周りにある孤独、不幸が
なんかやってられません。

伊坂流の会話の楽しさや
びっくりする伏線を求めると
何もないやっつけ感を感じてしまうかもしれません。


自分の評価
★★☆☆☆


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。