新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「聖女の救済」 東野圭吾 レビュー



「聖女の救済」東野圭吾


内容(「BOOK」データベースより)
男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイがあった。草薙刑事は美貌の妻に魅かれ、毒物混入方法は不明のまま。湯川が推理した真相は―虚数解。理論的には考えられても、現実的にはありえない


レビュー

ガリレオシリーズの続編。
今回は草薙刑事の容疑者への恋も関係する。

ドラマの影響か、福山雅治の音楽を聴いてるシーンもあり
福山や柴崎コウの顔が浮かびます。

ストーリーは、犯人は最初から分かっており、
刑事コロンボのような感じ。
また、状況的にはどう考えても二人に絞られる。
そして1人に絞られる。

犯人が最初からわかってしまうような設定は
読み進めるワクワクが減ってしまいました。

謎なのはトリック。

トリックの意外性は流石でしたが、
あるものが布石になっていそうなこと、
過去が関係しそうなことは、
途中でわかります。

それよりも、被害者の子供が出来なければ、
別れようという考え方。
それに嫌悪感を持ってしまいました。


自分の評価
★★★☆☆


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。