新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつだって何かの終わりは、何かの始まりなんだ
お気に入りの言葉録3


「いつだって何かの終わりは、何かの始まりなんだ」


夜のピクニック 恩田陸より


「終わり」という言葉は、なんだか寂しいというか、
後が無いような言葉に思えていた。

24時間歩く歩行祭の最後に言われる言葉なのだが、
「終わり」はこういう意味もあるんだと気づかされた。


終わりと始まりは表裏一体。

楽しいことにも、苦しいことにも、悲しいことにも、
終わりがあり、始まりがある。

なんか前向きになれる気がします。


同じように終わりと始まりに関して
北野武監督の映画 「キッズリターン」の最後のシーン

「俺達もう終わったのかな?」

「馬鹿。まだ始まってもいねーよ」

挫折した二人が、二人乗りの自転車で交わす言葉です。


「始まり」という言葉がやはり前向きな言葉なんですね。


最後に、食べず嫌いしていたエヴァンゲリオンより。

「終わりの始まり」

ある一話のタイトルですが、
不思議とインパクトがあります。

一見「終わり」と「始まり」は反対語のようで、
類義語なのかもしれないと感じています。






スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。