新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ラン」 森絵都 レビュー


「ラン」 森絵都

内容(「BOOK」データベースより)
越えたくて、会いたくて、私は走りはじめた。直木賞受賞第1作。


レビュー

最初からファンタジーとして読めば、
受け入れられるのでしょうが、
どうも設定が生理的にひっかかりました。

両親と弟、そして育ててくれた伯母を亡くした主人公。
自転車で40キロ止まらずに走ると、あの世についていた。
そこで、両親や伯母と再会する。
あの世に行けるルールや、あの世でのルール。
どうしてもひっかかてしまい、
ストーリーに入っていけません。

現実世界でのジョギングを始めていく過程や
仲間やチームでのふれあいを通じて、
主人公や仲間が成長していく。

この成長や挫折の様子は
非常にさわやかだし、読んでいて気持ちがいい。
そしてこの小説を読むと走りたくなります。


自分の評価
★★★☆☆


にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。