新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「疾走」重松清 レビュー


「疾走 上」 重松清

内容(「BOOK」データベースより)
広大な干拓地と水平線が広がる町に暮す中学生のシュウジは、寡黙な父と気弱な母、地元有数の進学校に通う兄の四人家族だった。教会に顔を出しながら陸上に励むシュウジ。が、町に一大リゾートの開発計画が持ち上がり、優秀だったはずの兄が犯したある犯罪をきっかけに、シュウジ一家はたちまち苦難の道へと追い込まれる…。十五歳の少年が背負った苛烈な運命を描いて、各紙誌で絶賛された、奇跡の衝撃作、堂々の文庫化。





「疾走 下」 重松清


内容(「BOOK」データベースより)
誰か一緒に生きてください―。犯罪者の弟としてクラスで孤立を深め、やがて一家離散の憂き目に遭ったシュウジは、故郷を出て、ひとり東京へ向かうことを決意。途中に立ち寄った大阪で地獄のようなときを過ごす。孤独、祈り、暴力、セックス、聖書、殺人―。人とつながりたい…。ただそれだけを胸に煉獄の道のりを懸命に走りつづけた少年の軌跡。比類なき感動のクライマックスが待ち受ける、現代の黙示録、ついに完結。


レビュー

表紙絵がものすごい印象的で
読んでみたかった本です。
正直ホラーだと最初おもってました。

重松清の作品は何冊か読んでまして、
お父さんのアットホーム的な、
家庭における痛みと温かみのある本のイメージでしたた、

この小説は表紙絵の通りでした、
走るしかない主人公。

家庭や学校に苦しみ、ひたすら走る。

重すぎます。。

ちょっと気持ちも滅入ってきます。

でも何か心にずっしりと残る、、かもしれません。


自分の評価
★★★☆☆

にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コミュから来ました!
はじめまして、りめと申します。。

これ読みました!私も同じ様な感想を持ちました...重松さんの本って、不思議に重みがありますよね。。

これからも更新頑張ってください♪( ´▽`)


ちなみに、
「相互&友好」というコミュやってます!
よろしければ参加して下さい!
2010/06/04 (金) 17:00:32 | URL | りめ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。