新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「青の炎」 貴志祐介 レビュー



「青の炎」 貴志祐介


内容(「BOOK」データベースより)
櫛森秀一は、湘南の高校に通う十七歳。女手一つで家計を担う母と素直で明るい妹との三人暮らし。その平和な家庭の一家団欒を踏みにじる闖入者が現れた。母が十年前、再婚しすぐに別れた男、曾根だった。曾根は秀一の家に居座って傍若無人に振る舞い、母の体のみならず妹にまで手を出そうとしていた。警察も法律も家族の幸せを取り返してはくれないことを知った秀一は決意する。自らの手で曾根を葬り去ることを…。完全犯罪に挑む少年の孤独な戦い。その哀切な心象風景を精妙な筆致で描き上げた、日本ミステリー史に残る感動の名作。



レビュー

本当に酷い男、曾根。
その描写と思春期の気持ち。
家族の崩壊、現在、未来の絶望。

殺人を犯そうと思う気持ちへの描写が細かく、
主人公秀一の視点で描かれるため、
これなら殺人もしょうがない、
捕まらないでくれ、
うまくやってくれと応援する気持ちになってしまう。

頭のキレる高校生。
でも、ヌケというかイレギュラーの多さ。
それもまた、高校生というか
リアリティを持たせています。

葛藤と苦悩。
周りの人間の優しさ。
そういった人間臭さと絶望と希望。

複雑な気持ちにさせられる小説でした。


自分の評価
★★★★☆

にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。