新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
片眼の猿 道尾秀介 レビュー



「片眼の猿」 道尾秀介


レビュー

特異な“耳”を持つ私立探偵で、
その能力を駆使した盗聴を主な仕事とする主人公。

現在、ある産業スパイを調査している三梨は、
目に特徴のある女性をスカウトするのだが、、、



主人公の一人称によるハードボイルドな語り口。
巧妙な仕掛け。
相変わらず、道尾秀介の伏線とミスリーディングを
うまく誘う手法には舌を巻きます。

非常に読みやすくて、最後に次々と驚かされるのですが、
キャラクターが覚えきれないというか、
分かりにくいのが難点です。

また、リアリティーの全くない世界観に
リアリティーが出てくる感じ。
嫌いではありませんが、
なんとなくゾワゾワします。
(抽象的ですいません)


道尾秀介の作品は3作目ですが、
えぐくて、グロいところがないので、
それを期待する人は。。。ですが
そういうのはちょっと、、、という人には
いいかもしれません。


自分の評価
★★★☆☆


にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。