新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「悪意」 東野圭吾 レビュー


「悪意」東野圭吾

出版社/著者からの内容紹介
犯人が決して語らぬ動機加賀刑事の推理は!?
誰が?なぜ殺したのか!?超一流の「フー&ホワイダニット」

人気作家・日高邦彦が仕事場で殺された。第一発見者は、妻の理恵と被害者の幼なじみである野々口修。犯行現場に赴いた刑事・加賀恭一郎の推理、逮捕された犯人が決して語らない動機とは。人はなぜ、人を殺すのか。超一流のフー&ホワイダニットによってミステリの本質を深く掘り下げた東野文学の最高峰。


レビュー

現在人気のドラマ「新参者」の主人公、
刑事「加賀恭一郎」の傑作ミステリー。

文章構成で非常に面白いのは、
被害者の幼なじみの野々口の手記と
刑事、加賀恭一郎の記録による構成である点。

一人称が入れ替わり、手記であることがポイントで
大きなトリックである。

東野圭吾らしいオチのオチ。
すっかり騙されるし、唸らされる。

先に読んでいた赤い指でもそうでしたが、
加賀恭一郎のキレが格好良すぎます。

ただ、ちょっと個人的には殺人の動機が
弱い気がしたのでこの評価


自分の評価
★★★★☆


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。