新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「オーデュボンの祈り」 伊坂幸太郎 レビュー



「オーデュボンの祈り」 伊坂幸太郎


内容(「BOOK」データベースより)
コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺される。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか?卓越したイメージ喚起力、洒脱な会話、気の利いた警句、抑えようのない才気がほとばしる!第五回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞した伝説のデビュー作、待望の文庫化。



レビュー

大好きな作家 伊坂幸太郎のデビュー作を遂に読みました。
不思議な島の話です。

基本的にファンタジーというジャンル自体が苦手なので、
未来が見えるカカシが殺された。
なぜ、自分の死を阻止できなかったのか。
という簡単なあらすじで、すでに興味を持てない感じでした。

いざ読み始めてみると、
その不思議な世界観、
江戸時代から本島と遮断された島、
変わった人々や風景、
それらが、現実にはありえると全く思えないわけですが、
本島にいた主人公も、その世界に驚いているという点で、
ストーリーの整合性がキチンと取れています。

そして、段々その不思議な島に慣れていく主人公。
もうひとつ本島にいる残虐な城山というキャラクター。
遠いはずの2つの世界が同時に進行します。

変わった人々の不思議な行動、
殺されてしまったカカシの謎、
不思議な状態のまま、話が展開して、、、

最後思わずなるほどと思わせる結末です。
デビュー作とはいえ、伊坂幸太郎らしい伏線の使い方です。
変わった人々の行動やカカシの謎。
先がどうなるんだ?っというような
先を読み進めたい気持ちは他の作品に比べ、
若干弱い気もしますが、
最後まで読んで、納得。
読んでよかったと思える一冊です。


自分の評価
★★★★☆


にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。