新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「向日葵の咲かない夏」 道尾秀介 レビュー



「向日葵の咲かない夏」 道尾秀介


内容(「BOOK」データベースより)
夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。だがその衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えてしまう。一週間後、S君はあるものに姿を変えて現れた。「僕は殺されたんだ」と訴えながら。僕は妹のミカと、彼の無念を晴らすため、事件を追いはじめた。あなたの目の前に広がる、もう一つの夏休み。


レビュー

去年最も売れた小説と本屋で銘打ってありました。
実際は本書ではなく、作者がということのようです。
また、本書は某容疑者が読んでいたということでも
話題になり、気になって購入しました。

ネタバレになりそうなので、多くは書きませんが
賛否の分かれる小説といえると思います。

賛の部分は
謎や伏線と思われる部分が多く、先が気になる。
最後のオチは予測不能。
伏線や辻褄が絶妙。


否の部分は
暗くて、エグイので、軽い気持ちで読むと後悔しそう。
ツッコミどころが多い。(主人公は4年生なのに、ぽくない等)

表紙の雰囲気から笑えるような小説ではなさそうですけどね。
とにかく、ダークな世界観です。

リアリティのない主人公の主観の世界も
最後にはなるほどと思えるんですが、
伏線の確認をもう一度しようとはあまり思いませんでした。
ただ、読んだ人と話したくはなりますね。

自分の評価
★★★☆☆


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。