新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
終末のフール 伊坂幸太郎 レビュー



「終末のフール」 伊坂幸太郎


内容(「BOOK」データベースより)
八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。


レビュー

フィクションの設定として、
八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。
この設定を受け入れた上で、どこまでのリアリティのなさを
許容できるだろうか。

どうしても現実にそうなったとしても、
暴動で人が殺し合う、家族を残して自殺をしていく
普通にガスや電気が供給されているという設定まで、
受け入れられませんでした。

そんなフィクションなんだから、、
と自分でも思ってしまいました。

8話の短編からなる世界の終末の行き方。
いろんな生き方があり、考えさせられる。

ただ、それぞれの話で、前の登場人物が出てくるのだが、
印象が弱いので、誰が誰だかわからなくなる。

伊坂幸太郎らしい濃い人物も少ない印象でした。


自分の評価
★★★☆☆


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。