新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「映画編」 金城一紀 レビュー


「映画編」 金城一紀


内容(「BOOK」データベースより)
友情、正義、ロマンス、復讐、そして、笑いと感動―。五つの物語の力が、あなたを救う。今すぐ映画が見たくなる。今すぐ誰かに読ませたくなる。笑いと涙と感動が詰まった、完全無欠のエンターテインメント!書き下ろし最新小説集。


レビュー

すごくいい本です。
こういう本に出会えるから、本がまた読みたくなります。

5話の映画に関わる短編集なのですが、
公民館で行われる「ローマの休日」や
不倫に関わるフランス映画など、
共通して出てくる映画があります。

この本を読むと、
いろんな人が、いろんな背景を持っていて、
でも同じ映画を同じ状況で見ていて。

映画が一つになっているといるというか、
いろんな人が映画で繋がっている。
なんというか、とても不思議な感覚になり、
映画でも見ようかなという感覚になります。

特に短編、最終話。
最高です。
夢や希望にみち溢れます。

自分の評価
★★★★★


にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。