新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「倒錯の帰結」 折原一 レビュー



「倒錯の帰結」 折原一


内容(「BOOK」データベースより)
日本海の孤島で起こる連続密室殺人事件(『首吊り島』)と都会の片隅で起こる監禁事件(『監禁者』)。二つの事件に巻き込まれた作家志望の男が遭遇する奇想天外の結末とは?「倒錯」シリーズ完結編は前代未聞、前からでも後ろからでも楽しめる本。



レビュー

「首吊り島」と「監禁者」

ちょうど半分で逆さになっており、
どちらのストーリーから読んでも楽しめるとのことである。

図書館で手にとって、
とても興味をひかれ読んだのですが、

ん~、、

なんか興味をひきません、

オチも解答編というのがあるのですが
ちょっとイマイチ。

結局なんだったの?というか
終わりがないような。

ちょっと残念でした。

自分の評価
★★☆☆☆

にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。