新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「蒲生邸事件」宮部みゆき レビュー



「蒲生邸事件」 宮部みゆき

内容(「BOOK」データベースより)
予備校受験のために上京した受験生・孝史は、二月二十六日未明、ホテル火災に見舞われた。間一髪で、時間旅行の能力を持つ男に救助されたが、そこはなんと昭和十一年。雪降りしきる帝都・東京では、いままさに二・二六事件が起きようとしていた―。大胆な着想で挑んだ著者会心の日本SF大賞受賞長篇。


レビュー

うーん。。ちょっとがっかり。
ボリュームがすごくあって、まず読むのに大変なんです。

まぁ、それはいーんですが、
タイムトラベラー(時間旅行者)の設定。
これがリアリティーが無いので入り込めません。

それを言ったら、ファンタジーやSFは読めないと
言われるかもしれませんが、設定にリアリティーが
もう少しないと入り込めません。

タイムトラベル系の乾くるみリピートや宮部みゆきクロスファイア
ファンタンジーでもリアリティーがありました。

「歴史的な事実は変えられても、歴史そのものは変わらない」
ヒトラーを止めても同じようなことが起こる。
飛行機事故をふせいでも、違う便で事故が起こる。
って、それでも死ぬ人が変われば、
未来は変わると僕は思う。

この辺の矛盾を曖昧なまま
進めるのが、ちょっと腑に落ちないところです。

また、過去に戻った主人公の行動、
どうしてもその積極性に至る心理に疑問が残ります。

昭和初期の雰囲気、ダラダラした感じ。
読んでて眠くなるし、疲れました。

救いは最後。
過去で出会ったふきという女中との恋。
タイタニックのような、切なさがあります。

Amazonの評価は非常に高かったのですが、
ちょっと辛口評価になります。

自分の評価
★★☆☆☆


にほんブログ村 本ブログへ








スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。