新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ネバーランド」恩田陸 レビュー



「ネバーランド」 恩田陸


内容(「BOOK」データベースより)
舞台は、伝統ある男子校の寮「松籟館」。冬休みを迎え多くが帰省していく中、事情を抱えた4人の少年が居残りを決めた。ひとけのない古い寮で、4人だけの自由で孤独な休暇がはじまる。そしてイブの晩の「告白」ゲームをきっかけに起きる事件。日を追うごとに深まる「謎」。やがて、それぞれが隠していた「秘密」が明らかになってゆく。驚きと感動に満ちた7日間を描く青春グラフィティ。


レビュー

とても恩田陸らしい小説でした。
夜のピクニックが非常に面白かったのですが、
そのよかった部分が随所に出てきます。

高校生のころの多感な時期。
年末年始に寮に残る四人の男子学生。
この、展開の少ない状況下で、
全く飽きさせずに読ませてくれます。

学校の怪談
ちょっと怖い話。
これも味があって、恩田陸らしい。

それぞれの過去と現在。
いろんな悩みやトラウマを抱えていた四人。
ちょっと重い気持になることも、
彼らの若さとパワーで清々しくしてくれる。

この頃ってこんな簡単に仲良くなっていけるんだ。
友だちって、こうやって出来るんだって思い出させてくれる。

大人はいつもいなくなってから、「分かってくれ」という。
大人ってずるいよな。。


自分の評価
★★★★☆


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。