新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ぼっけえ、きょうてえ」 岩井志麻子 レビュー


「ぼっけえ、きょうてえ」 岩井志麻子

内容(「BOOK」データベースより)
―教えたら旦那さんほんまに寝られんようになる。…この先ずっとな。時は明治。岡山の遊郭で醜い女郎が寝つかれぬ客にぽつり、ぽつりと語り始めた身の上話。残酷で孤独な彼女の人生には、ある秘密が隠されていた…。岡山地方の方言で「とても、怖い」という意の表題作ほか三篇。文学界に新境地を切り拓き、日本ホラー小説大賞、山本周五郎賞を受賞した怪奇文学の新古典。


レビュー

嫁が最近ハマっている東京MXテレビの五時に夢中で
コメンテーターとして出ている岩井志麻子。

番組をちらっと見てみましたが、
変態エロおばさんといった感じで、
非常に笑えるキャラクターでした。

そんな岩井志麻子の小説ということで
ちょっと侮ってましたが、
文章力はなかなかです。

「ぼっけえ、きょううてえ」
岡山弁のねっとりした感じもいいですね。

ただホラーのようですが、あんまり怖くありません。
恐怖というか、人間の悲しい部分や悪しき部分が
恐いといった感じです。

自分の評価
★★★☆☆

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。