新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「バトル・ロワイヤル」高見広春 レビュー


内容(「BOOK」データベースより)
西暦一九九七年、東洋の全体主義国家、大東亜共和国。城岩中学三年B組の七原秋也ら四十二人は、修学旅行バスごと無人の島へと拉致され、政府主催の殺人実験を強制される。生還できるのはたった一人。そのためにはただクラスメイト全員を殺害するのみ―。現代日本を震撼させたジェットコースターデスゲーム・ノヴェル、ついに文庫化。



内容(「BOOK」データベースより)
“死のゲーム”の開始後十八時間、混乱のうちに既にクラスメイトの半数が死亡していた。秋也は中川典子、転校生の川田章吾とともに政府への逆襲を誓うが、その前に殺人マシンと化した桐山和雄が立ちはだかる。生死の狭間で彼らそれぞれが守ったのは、意志か、誇りか、約束か。中高生を中心に熱狂的な支持を得た新世代青春小説の金字塔。



「バトル・ロワイヤル」 高見広春

レビュー

まーなんという理不尽なゲームでしょうか。
クラスメイトで殺し合いをしないといけない状況、
寒気がしますね。

ほんとに笑える位に人がボコボコ死んで、
残り○人っと減っていく様子は
いつのまにか次は誰だ?
っと期待と楽しみになっていきます。

これだけ現実離れしていて、
人が死んでいくと麻痺してきますね。

読んでいると鬼ごっこ的で逃げる気分と
鬼になって追いかける気分が味わえます。

仲間ができてくると、多少情も沸いて
最後に残るのは誰なんだという気持ちにきっとなります。

ただ、やっぱり残虐だし、
クラスメイトや仲間を殺さないといけないという状況に
嫌悪感を感じます。
息子にはあまり読んでもらいたくないですね。


自分の評価
★★★★☆


にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。