新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「砂漠」伊坂幸太郎 レビュー


「砂漠」 伊坂幸太郎


内容(「BOOK」データベースより)
「大学の一年間なんてあっという間だ」入学、一人暮らし、新しい友人、麻雀、合コン…。学生生活を楽しむ五人の大学生が、社会という“砂漠”に囲まれた“オアシス”で超能力に遭遇し、不穏な犯罪者に翻弄され、まばたきする間に過ぎゆく日々を送っていく。パワーみなぎる、誰も知らない青春小説。


レビュー

大好きな作家 伊坂幸太郎の作品の中でも
かなり好きな作品になりました。

それは、僕が麻雀が好きなこと、
大学時代の友だちがとてもかけがえのないこと、
これらがあるからかもしれませんが、、

東堂(女) 非常に美人だが能面のようにクール
南 (女) おとなしい女の子だが、物を動かす等超能力を持つ。
西嶋(男) 平和のみを目指す変わり者。ラモーンズが好き。
北村(男) 主人公。客観的に周りを眺める。
鳥井(男) 女好きで軽いが、熱いところもがある。

「中国語と確率の勉強をしようぜ」
と、要するに麻雀のことですが、
東南西北鳥 の5人が麻雀を通じて、仲を深めながら
気持ちの変化、成長していく大学生の青春物語。

まず、会話が面白い。
5人のキャラクターが立っていて、
笑えるような、うなずいてしまうような会話が
とても面白いです。

通り魔事件、空き巣事件、超能力
いろんな事件や悲しい出来事も起こりますが、
もっとこの5人を見ていたい。
でも「大学生活なんて、あっという間だ」
というように、あっという間に終わってしまいます。


「人間にとって最高の贅沢とは、人間関係における贅沢である」
最後のこの言葉に集約されるような、
大学生活を通じた友人関係、
信頼関係を感じることが出来ました。

伊坂幸太郎特有の伏線やミステリーといった要素は
今回あまり強くないので物足りない
なんてことはまるでない。


自分の評価
★★★★★


にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。