新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「グラスホッパー:伊坂幸太郎 レビュー



「グラスホッパー」 伊坂幸太郎


内容(「BOOK」データベースより)
「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの若者・蝉も「押し屋」を追い始める。それぞれの思惑のもとに―「鈴木」「鯨」「蝉」、三人の思いが交錯するとき、物語は唸りをあげて動き出す。疾走感溢れる筆致で綴られた、分類不能の「殺し屋」小説。


レビュー


妻を殺されて、復讐を誓う男 鈴木
幻覚を見ながら、自殺をさせる殺し屋 鯨
上司に使われるナイフ使いで、罪悪感を感じない蝉


三人の視点で描かれるバラバラのストーリーが
押し屋という殺し屋を通じて
一つのストーリーに繋がる。

登場人物の中では、
比与子という裏組織の女のキャラクターが一番面白い。

疾走感や伏線の妙は伊坂らしいところも多いが
殺し屋という設定のリアリティー、残忍さが
イマイチ入り込めない理由になるかもしれない。

そして、ラストの意外性なども他の作品よりも
ちょっと弱いので、一度でよいかなと思ってしまった。


自分の評価
★★★☆☆


にほんブログ村 本ブログへ




スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。