新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インザ・ミソスープ



「インザ・ミソスープ」 村上龍


内容(「BOOK」データベースより)
夜の性風俗ガイドを依頼してきたアメリカ人・フランクの顔は奇妙な肌に包まれていた。その顔は、売春をしていた女子高生が手足と首を切断され歌舞伎町のゴミ処理場に捨てられたという記事をケンジに思い起こさせた。ケンジは胸騒ぎを感じながらフランクと夜の新宿を行く。97年夏、読売新聞連載中より大反響を引き起こした問題作。読売文学賞受賞作。


レビュー


外国人相手に風俗を案内するケンジ。
そこにやってきたフランク。

フランクの内面の狂気が
非常に不気味で気持ち悪い。

読んでいると、この狂気がエグ過ぎて、
先を読み進めることに嫌悪感を感じてきてしまいました。

69(シクスティナイン)がとても痛快・さわやかだっただけに
ある意味衝撃的ともいえました。


自分の評価
★★★☆☆


にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。