新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「文通」 吉村達也 レビュー


「文通」 吉村達也

出版社/著者からの内容紹介
十六歳の女子高生片桐瑞穂が文通マニアの専門誌「月刊ペンパル」に気まぐれに出した伝言に応じてきたのは四人の男女。筆跡も年齢も住所も異なる彼らは、同一人物だった。四つの筆跡を持つ文通魔の恐怖。


レビュー

ホラー小説。

文通で知り合った何人か
筆跡も異なる手紙、
でも実際は同一人物からの手紙だった。。

最初の設定と序盤はまあ良いんですが、


全然怖くないし。

つか、最後のほうはもうなんだがメチャクチャです。


怖いという噂を聞いて、読んだんのですが、
噂でしかありませんでした。


自分の評価
★★☆☆☆


にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。