新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「手紙」東野圭吾 レビュー



「手紙」 東野圭吾


内容(「BOOK」データベースより)
強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作。


レビュー

罪を犯した者の家族の現実、苦悩。
重いテーマを東野圭吾らしく、わかりやすく、
ひきこませる展開で描いている、

知り合った人が主人公の兄が強盗殺人犯の弟と知るたびに、
主人公は今までと違った目で見られてしまう。

犯した罪は一生つきまとう。
それは自分が犯した罪ではなくても。

罪を犯したことは許されることではないし、
償っても償いきれることはない。

ただ、そんな中にも少しの救いがある。
その少しの救いに心が洗われた。

最後はきっと泣きます。

僕は泣きました。


自分の評価
★★★★★


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。