新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「シャドウ」道尾秀介 レビュー



「シャドウ」 道尾秀介


内容(「BOOK」データベースより)
人は、死んだらどうなるの?―いなくなって、それだけなの―。その会話から三年後、凰介の母は病死した。父と二人だけの生活が始まって数日後、幼馴染みの母親が自殺したのを皮切りに、次々と不幸が…。父とのささやかな幸せを願う小学五年生の少年が、苦悩の果てに辿り着いた驚愕の真実とは?いま最も注目される俊英が放つ、巧緻に描かれた傑作。本格ミステリ大賞受賞作。



レビュー

今話題の作家、道尾秀介
どんなミステリーを書くのかと読んでみました。

なるほどね。
人気が出る理由もわかります。

ある人を犯人と思わせるような感じ。
まんまとひっかかりました。

途中でこういうことだろ?っと勝手に予想してたこと。
完全に間違ってました。

後半話が二転三転していく感じ。
これが気持ちいいですね。

ただ、小5の子供が大人びすぎていること。
読み終わっても、ダークな気分が抜けないこと。
これらでマイナス1点です。


自分の評価
★★★★☆


にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
シャドウ (創元推理文庫)作者: 道尾 秀介出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2009/08/20メディア: 文庫 サスペンス仕立てのミステリ小説。 ホラー風味のミステリは多いが、タダ怖いだけではなく、ミステリを引き立てる絶妙のバランスで成り立っているものは少ない。 そ...
2010/02/17(水) 22:51:05 | 本読みの記録
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。