新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ループ」鈴木光司 レビュー


鈴木光司 「ループ」


内容(「BOOK」データベースより)
科学者の父親と穏和な母親に育てられた医学生の馨にとって家族は何ものにも替えがたいものだった。しかし父親が新種のガンウィルスに侵され発病、馨の恋人も蔓延するウィルスに感染し今や世界は存亡の危機に立たされた。ウィルスはいったいどこからやって来たのか?あるプロジェクトとの関連を知った馨は一人アメリカの砂漠を疾走するが…。そこに手がかりとして残されたタカヤマとは?「リング」「らせん」で提示された謎と世界の仕組み、人間の存在に深く迫り、圧倒的共感を呼ぶシリーズ完結編。否応もなく魂を揺さぶられる鈴木文学の最高傑作。




レビュー


「リング」「らせん」と続き、
続編ってもうこれ以上出来ないだろうというところで、
見事に繋がってます。

まさに完結。

最後に驚かされるような本も
たくさん読んできたけれど、
かなり驚かされました。


最初はもう全然関係ないじゃんって感じですけどね。

スーパーコンピューターとか、
最後の展開はとても難しく、強引なところもありますが、
「リング」「らせん」と読んだら必ず読むべき本です。


自分の評価
★★★★★


にほんブログ村 本ブログへ








スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。