新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「図書館危機」 有川浩 レビュー



「図書館危機」 有川浩 レビュー


内容(「BOOK」データベースより)
思いもよらぬ形で憧れの“王子様”の正体を知ってしまった郁は完全にぎこちない態度。そんな中、ある人気俳優のインタビューが、図書隊そして世間を巻き込む大問題に発展。加えて、地方の美術展で最優秀作品となった“自由”をテーマにした絵画が検閲・没収の危機に。郁の所属する特殊部隊も警護作戦に参加することになったが!?表現の自由をめぐる攻防がますますヒートアップ、ついでも恋も…!?危機また危機のシリーズ第3弾。


レビュー

図書館戦争シリーズ第三弾。
もともと四部完結での構成のため、
最初から読むことをお勧めします。

そして、三弾目にして
やっと世界観への抵抗がなくなってきた次第です。
少しずつですが、シリーズとしての動きも出てきて、
チームの連携や郁の恋も、読んでいて気持ちがいいです。

主人公である郁への感情移入により、
まわりを囲む仲間たちへの愛着もわいてきます。
流石に3冊も読めば、こんな感じでしょうか。

とりあえず前2冊に比べ、
設定への前置きや説明と言ったものが少なく、
(というか慣れてきたのでしょうか、)
シリーズで読んでいる人はやっと
感情移入ができるようになると思います。



自分の評価
★★★★☆

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。