新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「幻夜」 東野圭吾 レビュー



「幻夜」 東野圭吾


内容(「MARC」データベースより)
’95年、西宮。未曾有の大地震の朝、男と女は出会った。美しく冷徹なヒロインと、彼女の意のままに動く男。女の過去に疑念を持つ刑事。彼女は一体誰なのだ…。『週刊プレイボーイ』連載に加筆して単行本化。


レビュー

白夜行に続く悪女ストーリー。
今回も美冬の視点からは一切描かれない。

阪神大震災時に、雅也は父親の保険金目当てに来た
伯父を殺してしまう。
それを目撃した美冬。
そこから始まるストーリー。

阪神大震災の描写が、
近日に起きた東日本震災と相まって、
不謹慎と言うか、一瞬少しやな感じになりました。
大した被害を受けてはいませんが、
やはり、地震を経験した側に立つとやや嫌な感じがします。
大地震に乗じて、、、という感じ。

美冬をとりまく関係者の視点。
理不尽なことを、通してしまう話術。
先を読む力、美冬は恐ろしいですね。
自分がのし上がるため、
自分にとって邪魔なものを、
綺麗に排除していきます。

そして、取り巻く人間たちが徐々に
美冬の過去や、真実を暴き始めて、、、

なんとなく読めるトリックというところですが、
色々な視点で進むこと、
徐々に美冬に近づいていく感じが、
新鮮で読み飽きません。

ページ数はとても多いですが、
読みやすく、割と早く読み終えました。

ラストはちょっと予想外ですが、
なるほどといった感じです。
ちょっとやるせなさが残りました。

美冬の目的と言うか、目標に
イマイチ共感できず、
ただ単に貪欲なのがちょっと残念でした。
こんな女がいたら、ホント怖いです。

自分の評価
★★★★☆

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。