新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「身代わり」 西澤保彦 レビュー



「身代わり」 西澤保彦


内容(「BOOK」データベースより)
身代わりの、身代わりの、身代わりは、身代わりの、身代わりだった―!?名作『依存』から9年。変わらぬ丁々発止の推理合戦、あの4人が長編で元気に帰ってきた!書き下ろし長編ミステリ。


レビュー

シリーズものと知らずに読んだ僕も悪かったのですが、、
変なあだ名と名前のせいで、
誰が誰だかさっぱりわかりません。
男だか女だか、

シリーズものとはいえ、
分かり難いので、ちょっとイライラします。
1人1人のキャラクターも良く分かりません。

そして、大学生たちの会話や警察の会話など、
そんな言葉使わないだろっというツッコミが
もれなく入ります。

いろんな謎や解答には
なるほどっとうならせてもらえますが、
動機の部分でも納得できない点が
かなりあります。

何かと残念な小説でした

自分の評価
★☆☆☆☆


にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。