新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「利休にたずねよ」 山本兼一 レビュー



「利休にたずねよ」 山本兼一


内容(「BOOK」データベースより)
女のものと思われる緑釉の香合を肌身離さず持つ男・千利休は、おのれの美学だけで時の権力者・秀吉に対峙し、天下一の茶頭へと昇り詰めていく。しかしその鋭さゆえに秀吉に疎まれ、切腹を命ぜられる。利休の研ぎ澄まされた感性、艶やかで気迫に満ちた人生を生み出した恋とは、どのようなものだったのか。思いがけない手法で利休伝説のベールが剥がされていく長編歴史小説。第140回直木賞受賞作。


レビュー

直木賞作品です。
千利休のお話。

どうしても歴史小説って敷居が高いというか
背景を良く知らないと、とっつきにくい部分があります。
しかし、本書はそんな予備知識が無くても
読みやすく、分かりやすいと言えると思います。

物語は千利休が豊臣秀吉に切腹を命じられる場面から
徐々に時間を逆行し、利休のルーツをたどる。
構成がなかなか面白いです。

利休の茶は「侘び寂び」の中に
女の影や情熱があるというルーツ。
そして、利休の美への欲求と才。
それぞれのエピソードに
自分がイメージし得なかった利休が描かれる。

自分には茶人というイメージしかなかったが
美に対して貪欲な男。
新しいイメージだと思います。

また、当時の茶という感覚は
現代では良く分かりにくいところがありますが
それを本書では分かりやすく描いています。

歴史小説は苦手という人も
とっかりにいかがでしょうか。

自分の評価
★★★★☆
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。