新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ちょっとだけ」 瀧村有子 レビュー


「ちょっとだけ」 瀧村有子

内容(「BOOK」データベースより)
赤ちゃんが生まれて、お母さんは忙しいので、なっちゃんはいろんなことを自分ひとりでやってみます。お姉さんになったからと頑張るなっちゃんですが、眠くなった時だけは、どうしてもお母さんに甘えたくなります。「“ちょっとだけ”でいいからだっこして」とお母さんにお願いしてみると、お母さんにはなっちゃんの大切なお願いがちゃんとわかりました。「いっぱいだっこしたいんですけど、いいですか?」とお母さんはなっちゃんのことを、いっぱいだっこしてくれたのです。お姉さんになったことで感じる切なさ、そしてそれを乗り越えることで成長していく子どもの姿を、母親の深い愛情とともに描いています。


レビュー

お父さんお母さんが読む絵本。
絵がすごくやさしくて悲しい。

自分の子供がお兄ちゃん、お姉ちゃんになった時、
下の子の面倒ばかりになった時の我慢や葛藤を
すごく丁寧に描いています。

何回読んでも泣ける。
たった何ページの中に、
切なさとやさしさと子供の成長の喜びが詰まっています。

本当に良い絵本です。

自分の評価
★★★★★
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。