新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「被告A」 折原一 レビュー



「被告A」 折原一


内容(「BOOK」データベースより)
東京杉並区で起きた連続誘拐殺人事件は、死体に残されるトランプの絵柄から“ジョーカー連続殺人事件”と呼ばれた。田宮亮太は、自供により被告として法廷に引き出されるものの、一転して無罪を主張し、逆転の秘策を練る。一方では新たな誘拐事件が発生し、息子を取り戻すために、一人の母親が孤軍奮闘をしていた。姿を見せない真犯人はどこに?そして、事件の真相は?驚くべき結末が待つ新趣向の誘拐&法廷ミステリ


レビュー


いつものように叙述してます。
いろんな視点と時間軸を使うので、
把握するのが難しいですが、そのへんは他の作品に比べ
比較的読みやすい構成になっていると思います。

序盤に拘置所に入れられている描写が
違和感を感じていましたが、
クライマックスには驚愕しました。

そんなんアリ!?

それは読めませんね。
きっと賛否は非常に分かれると思います。

個人的にはアリかナシかで言えばナシ。
けどまあ、そんな小説があってもいいかなとは
思います。

それと表紙がものすごく気持ち悪いですね。
夜中に表紙を見るだけで怖いです。


自分の評価

★★★☆☆

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

「失踪者」 折原一 レビュー



「失踪者」 折原一


内容(「BOOK」データベースより)
ノンフィクション作家・高嶺隆一郎は真犯人に直接インタビューする手法をとっていた。埼玉県の久喜市で起きている連続失踪事件を調査するなかで、15年前の同様の事件との関連性が浮かび上がる。月曜日に女が消えること、現場に「ユダ」「ユダの息子」のメモが残されること。犯人はまた「少年A」なのか。


レビュー

15年前の失踪者と類似の失踪事件が起きる。

手記、過去、現在、時間軸から視点から
とにかくよく変わるので、誰の視点なのか
いつの話なのか把握するのが難しい。

何回かページを戻ったりしました。

でも、その手法によりラストまで
オチが分かりにくいので、
最後は驚かされました。

というか、そういうトリックかと思って
読み返して確信するという謎が解けて
うれしいと思えるような本ですね。

この作者は叙述トリックが上手で
もっと他の作品を読みたいと思います。


自分の評価
★★★★☆

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

「沈黙者」 折原一



「沈黙者」 折原一


内容(「BOOK」データベースより)
埼玉県久喜市で新年早々、元校長の老夫婦とその長男夫妻の四人が惨殺された。十日後、再び同市内で老夫婦の変死体が発見される。そして一方、池袋で万引きと傷害で逮捕された男が、自分の名前を一切明かさぬままに裁判が進められる、という奇妙な事件が語られていく。この男は何者か?巧緻を極める折原ミステリーの最高峰。


レビュー

折原一といえば叙述トリック。
久喜市の一家惨殺事件と
万引き事件を起こした犯人が名前を名乗らない沈黙者
2つの事件が交互に展開していく。

非常に入りやすく、どうなるんだ、なぜなんだ?
と謎を多く持って進むので、先が読みたくなります。

誰が一家を殺したのか?
なぜ名前を名乗らないのか?

もちろんこのオチが最後に明らかになるわけですが、
トリック自体や構成は非常に面白いです。

でも、動機が、、、

ちょっと強引というか、納得できない。

序盤、中盤がよかっただけに、
残念なところがありますが、
他の作品も読んでみようと思いました。


自分の評価
★★★☆☆

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

「倒錯の帰結」 折原一 レビュー



「倒錯の帰結」 折原一


内容(「BOOK」データベースより)
日本海の孤島で起こる連続密室殺人事件(『首吊り島』)と都会の片隅で起こる監禁事件(『監禁者』)。二つの事件に巻き込まれた作家志望の男が遭遇する奇想天外の結末とは?「倒錯」シリーズ完結編は前代未聞、前からでも後ろからでも楽しめる本。



レビュー

「首吊り島」と「監禁者」

ちょうど半分で逆さになっており、
どちらのストーリーから読んでも楽しめるとのことである。

図書館で手にとって、
とても興味をひかれ読んだのですが、

ん~、、

なんか興味をひきません、

オチも解答編というのがあるのですが
ちょっとイマイチ。

結局なんだったの?というか
終わりがないような。

ちょっと残念でした。

自分の評価
★★☆☆☆

にほんブログ村 本ブログへ


テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

「耳すます部屋」 折原一



「耳すます部屋」 折原一

内容(「BOOK」データベースより)
娘の同級生を放課後預かることになった久恵。だが母親同様ずうずうしい小学生ゆかりには、盗癖があった。結婚指輪までが消えた日、包丁を手に、久恵はついにキレてしまう。「ゆかりが帰ってこない」、その夜、鳴り続ける母親からの電話。どこまでも執拗に―。日常の恐怖に彩られた叙述ミステリー10の傑作。


レビュー

図書館で題名借りした本です。
気分的に怖そうな本、
サクサク読めそうな本を読みたい気分でしたので。

短編集なので非常に読みやすく、
その辺はよかったです。

乙一の小説のようなダークさと読みやすさ。
ただどうしてもインパクトに欠ける部分が多く、
1か月もすれば、題名でも見ないと
内容を忘れてしまいそうです。


自分の評価
★★★☆☆


にほんブログ村 本ブログへ

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。