新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「チーム・バチスタの栄光」海堂尊 レビュー


内容(「BOOK」データベースより)
東城大学医学部付属病院の“チーム・バチスタ”は心臓移植の代替手術であるバチスタ手術専門の天才外科チーム。ところが原因不明の連続術中死が発生。高階病院長は万年講師で不定愁訴外来の田口医師に内部調査を依頼する。医療過誤死か殺人か。田口の聞き取り調査が始まった。第4回『このミス』大賞受賞、一気にベストセラー入りした話題のメディカル・エンターテインメントが待望の文庫化。




内容(「BOOK」データベースより)
東城大学医学部付属病院で発生した連続術中死の原因を探るため、スタッフに聞き取り調査を行なっていた万年講師の田口。行き詰まりかけた調査は、高階病院長の差配でやってきた厚生労働省の変人役人・白鳥により、思わぬ展開をみせる。とんでもない行動で現場をかき回す白鳥だったが、人々の見えなかった一面が次第に明らかになり始め…。医療小説の新たな可能性を切り拓いた傑作。



海堂尊 「チーム・バチスタの栄光」


レビュー

作者が元医者ということで
前半はさすが細かい描写や医療現場に近い目線で描かれている。

難しい手術を成功させてきたチーム・バチスタだが、
連続の手術失敗を調査することになった主人公。

医療過誤?殺人?
それぞれ、影があるキャラクター。
誰が犯人なのか?
緊迫感があるなか下巻へ。


っと急に下巻から、厚生労働省の変人役人登場。
緊迫感からコミカルな展開へ。

あまりにも変で、ムカつく感じのキャラクターに多少辟易。
言っていることは正しいのかもしれませんがね。


テレビドラマや映画化と話題になった作品で
人気も非常に高い作品。


でも、ラストも結局そんなもんという感じだし、
なんかスッキリしない。


結局、話題が先行し過ぎてしまった小説という感じですね。


自分の評価
★★★☆☆


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。