新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「BRAIN VALLEY」瀬名秀明 レビュー


内容(「BOOK」データベースより)
山奥の最新脳科学総合研究所「ブレインテック」。脳科学者の孝岡は、同研究所所長の北川の指名を受け、この地に赴任する。到着早々に目撃した若い女性の身体から放たれた白い光。が、不思議な体験はそれだけではなかった。孝岡は、エイリアンらしきものに拉致され、生体実験を施されてしまう。しかし、それらの超常現象も、この地で行われている数々の研究も、すべては人類を更なる進化へと導く壮大な計画の一環でしかなかった。人類の根元を司る「脳」に最先端の科学理論で迫り、オカルト現象をはじめ様々な謎を解き明かす究極のサイエンス・フィクション、待望の文庫化



内容(「BOOK」データベースより)
「神よ、なぜ宇宙は生まれたのか?我々人類はどこへ行くのか?」ブレインテックの真の目的を探る孝岡の前に現れる驚くべき事実の数々。UFO、人工生命、死後の世界、シャーマニズム、動物の心、臨死体験、そして人類最大の謎「神」の正体。恐るべき野望を秘めながら進行する計画が完遂するとき、未だ誰も見たことのない究極のヴィジョンが起ちあがる―。科学と文学の境界を超え、エンターテインメントの新領域を鮮烈に創出したベストセラー超大作!第19回日本SF大賞受賞作。


「BRAIN VALLEY」 瀬名秀明


レビュー

脳についての説明的である件の多い前半は
眠気との戦いをしながら読みました。

難しい用語が多いので、ナナメ読みでも
ストーリーには問題ないので
めげずに読みましょう。

前作「パラサイト・イブ」でもそうでしたが、
かなり詳しく専門的に攻めてくるので
フィクション部分も実際あり得そうに思えてくる
リアリティーがあります。

個人的には「パラサイト・イブ」より
好きかもしれません。


自分の評価
★★★☆☆


にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

「パラサイト・イブ」瀬名秀明 レビュー


瀬名秀明 「パラサイト・イブ」



内容(「BOOK」データベースより)
事故で亡くなった愛妻の肝細胞を密かに培養する生化学者・利明。Eve 1と名付けられたその細胞は、恐るべき未知の生命体へと変貌し、利明を求めて暴走をはじめる―。空前絶後の着想と圧倒的迫力に満ちた描写で、読書界を席巻したバイオ・ホラー小説の傑作。新装版刊行に際して、発表時に研究者でもあった著者から、科学者あるいは小説家を志す人達に贈る、熱いロングメッセージを収録。



レビュー


もはや映画化、ゲーム化されている位の小説。
発売当時は名前が周りでも飛び交ってました。

ミトコンドリアという細胞の可能性。
バイオハザード。
人間の力で科学の力で本当にこういうことが
起こってしまいそうなホラー小説です。

科学に関して、細かく研究されているのか、
描写が細かく、信憑性がありましたが、
だんだん突拍子もない方向に。

「スピーシーズ」っていう似たような映画がありました。
映画化当時も葉月里緒菜が主演でエロチックなシーンが
話題になったのを思い出しました。


後半の展開は僕はあまり好きではありませんでしたが
前半は面白いです。

自分の評価
★★★☆☆


にほんブログ村 本ブログへ



テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。