新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「明日の記憶」荻原浩 レビュー



「明日の記憶」


内容(「BOOK」データベースより)
広告代理店営業部長の佐伯は、齢五十にして若年性アルツハイマーと診断された。仕事では重要な案件を抱え、一人娘は結婚を間近に控えていた。銀婚式をすませた妻との穏やかな思い出さえも、病は残酷に奪い去っていく。けれども彼を取り巻くいくつもの深い愛は、失われゆく記憶を、はるか明日に甦らせるだろう!山本周五郎賞受賞の感動長編、待望の文庫化。



レビュー

若年性アルツハイマーになってしまう50歳の主人公。
それを自分の視点で描いているのが斬新。

いろんなことを忘れてしまうことで、
仕事や家族との会話で失敗する姿が苦しくなる。

また、主人公がつける日記も
徐々に漢字の間違い、平仮名が多くなるなど
文章もこと細かいところが、
さらにもどかしく、苦しい。

いつもの道に迷い、
仕事の約束を忘れ、
仲間の名前を忘れ、
幻覚を見て
家族の顔も忘れていく。

恐ろしい病気です。

淡々と起伏は少ない小説ですが、
読後、重いものが残ります。


自分の評価
★★★★☆

にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

「噂」荻原浩 レビュー




荻原浩 「噂」


内容(「BOOK」データベースより)
「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。口コミを利用し、噂を広めるのが狙いだった。販売戦略どおり、噂は都市伝説化し、香水は大ヒットするが、やがて噂は現実となり、足首のない少女の遺体が発見された。衝撃の結末を迎えるサイコ・サスペンス。



レビュー


「衝撃のラスト一行」が売り文句。
だまされてなるものかと、細部まで読んだ。

なんとなく、結末が読めていたところがあったが
やはり最後の1行にはしてやられた。
本当にラスト一行でやんの。

最後のページだけは見ないように読んでください。


ちょっと読み返して、伏線を確認。
ミステリーとしてはなかなかの出来です。


自分の評価
★★★★☆


にほんブログ村 本ブログへ



テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。